小川町3蔵酒蔵めぐり_2019

今年で6回目を迎えた「小川町3蔵 酒蔵めぐり」。

数日前の雪が嘘のように暖かく、良いお天気のなか開催されました。
それぞれの蔵の様子をちょっとだけご紹介します。

【松岡醸造】(←クリックすると、それぞれお店のHPへ飛びます)


まずは「帝松」で知られる松岡醸造さんへ。


イベントは10時からですが、開始前にもかかわらずお客さんが続々ときています。

1000円でおちょこを買うと、試飲し放題というシステム。おちょこは小川町駅前のほか、それぞれの蔵でも買えます。
帝松さんでは、立ち飲み用のテーブルが置かれ、フードは、小川町の有名店「太田ホルモン」と「ラジュモハン」、それ以外にはニジマスの炭火焼きとお漬け物が出店していました。


まだ早い時間なのでお客さんは少なめですが、お昼過ぎには大混雑だったそうです。

そのほか、和太鼓集団「鼓童」による演奏も行われていました。

帝松特製モツ煮もありました!!

【晴雲酒造】
続いては町中にもどって「晴雲酒造」さんにおじゃま。

試飲コーナーとフードブースは道を挟んで別れているので、ちょっと閑散とした感じもありますが・・・なにより目を引いたのは大きなガラガラ!! 

やっぱりまだお昼前は人出も少なめ・・・

フードは「役場の隣のバル」と「藤屋精肉店」、「小松屋本店」が出店。いずれも、やはり小川町を代表する美味しお店ですね(正確には、小松屋本店さんは東秩父ですが・・・)。


舞台では吹奏楽やコピーバンドなどの演奏が行われました。

11時頃には人はまばらだったのですが、お昼を過ぎた頃には大勢のお客さんで賑わっていたようです。
やっぱり、昼前からお酒飲むのは抵抗があるのでしょうか・・・??

【武蔵鶴酒造】
最後は武蔵鶴酒造さんに向かいます。
シャトルバスが回る順番も武蔵鶴さんが最後なのですが、駅から近いということもあり、イベント開始からすでにこの賑わい・・・

武蔵鶴さんは、フード、舞台、座席数ともに一番充実していたかもしれません。
たこ焼きやちまき、豚汁、ポークシチューに、こだわりのパンやコーヒー。デリカテッセンアーチャンと三代目清水屋も、自慢のフードを提供。

舞台での演奏も、プロの方まで出演していました(しかも、武蔵鶴さんの蔵人なんですって!)

T-rash
kosuge&shin-chan(笑)
タニグチセオ

最後は、蔵人の方が作詞作曲した「武蔵鶴ロック」を演奏。
大いに盛り上がりました。

皆さんそれぞれに楽しんでくださった酒蔵めぐり。
今年は、ゆっくり散策しながらお花見をすることもできて、お得感たっぷりのイベントとなりました。
来年もみなさまのおこしをおまちしておりま〜す♫

 

【松岡醸造】
 住所:埼玉県比企郡小川町大字下古寺7-2
 小川町駅より徒歩約25分(自転車ラックあり!)
【晴雲酒造】
 住所:埼玉県比企郡小川町大字大塚178-2
 小川町駅より徒歩約12分
【武蔵鶴酒造】
 住所:埼玉県比企郡小川町大塚243
 小川町駅より徒歩約7分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です